出稼ぎと聞くとどのようなことを連想するでしょうか。

最近は当たり前のように外国人の出稼ぎ労働者が日本に滞在していますので、それほど珍しいことではなくなりつつあります。

外国人労働者と言えば、例えば、様々な人がいますが、介護の分野では積極的に出稼ぎ労働者を雇っている傾向にあるのが今の日本です。

日本の方が介護の技術が進歩しているので、国に持ち帰りたいという気持ちで技術を学んでいる人も多いですし、それだけでなく賃金がいいですから、それに伴い仕事をすることによって国への仕送りが増えると思って頑張って働いている人も多いでしょう。

フィリピンやインドネシアなどの外国人が介護分野で進出してきていることはとても大きな日本の変化といってもいいのですが、それ以外の仕事でも働いている外国人労働者は多いでしょう。

考え方としては日本よりも貧しい国から日本に出稼ぎに来ているという考え方が強く、国の賃金では食べていけない、家族を養っていけないという人たちが賃金の高い日本に出稼ぎに来て、そして働いたお金を仕送りするのです。

出稼ぎにくる外国人の今昔は、少し様変わりしているといってもいいのですが、その様変わりしていることの1つに先ほどあげたような介護の世界に進出しているということが挙げられるでしょう。

まだ看護の世界には進出しているということは見られないのですが、介護は万国共通であり、介護はどこの国でも将来的に問題になることであるということもあり、とても日本へ来て積極的に技術を身に着けようとしている人は多いのです。

そして外国人と一言で言ってもどの国の人が多いのか、それはもちろん一概には言えないのですが、先ほどいったように、自分の国の方が貧しいケースで主に日本に出稼ぎをするというケースが増えています。

よく見かけるのは水商売などで見かけるフィリピン系の女性ですが、これは昔から多いです。

それ以外にも南米系の人も出稼ぎにくることもありますし、中東系の人も出稼ぎに来ることもあります。

そして近くのアジアからも出稼ぎに来ている外国人労働者は多いのです。

働ける現場は、やはり女性奈良飲食店が多いですし、男性なら建築系や工場系で働いている人が多いでしょう。

このように出稼ぎにくる外国人といっても様々ではありますが、このサイトでは、出稼ぎにくる外国人についてまとめていますので、参考にしてみてください。

あなたの身近にも外国から出稼ぎに来ている人がいるかもしれません。